これでOK!絶対ハズさない結婚式のコーディネイト

服装と一緒にマナーを守ろう

東北や北陸は家との結びつきを重視

国内でもエリアによって結婚式のやり方は様々で、ルールやマナーも違います。ここではいくつかの結婚式のマナーやルールについてピックアップしていきます。
まず東北や北陸は結婚式と言えば家同士を結びつける儀式と考えられていて、とても豪華だったり独自のルールが存在したりします。結婚式の当日、または前日に仲人が新婦の自宅に迎え胃に期、その足で新郎宅の仏壇へお参りをする花嫁迎えや仏壇参りだったり、膨大な嫁入り道具を用意して、それに収まる新居を新郎が用意したりと「家」を重視しています。その為、友人として招待された時も品格のある装いをしなければ世間知らずと言われる可能性もあります。
ご祝儀も高めに設定されているケースが多く、最低でも3~5万円がラインになりますし二次会も挙式と同じく豪華にお祝いするところがほとんどです。

北と南はカジュアルが多い

北陸や東北、東海は派手な結婚式を挙げるところが多いですが、北海道や九州・沖縄は反対にカジュアルな挙式がメインの様です。
北海道の場合はご祝儀が無く、会費制のパーティがほとんどで引き出物も数千円のお菓子だけというパターンもあります。遠方から来る場合も交通費や宿泊費の負担は無く、あくまでも「お祝いに来た」と言うスタンスがメインです。
九州・沖縄も同様でカジュアルな式で大人数を呼ぶのが主流です。ご祝儀は1万円がラインで、二次会だけでは無く三次会、四次会と長い時間かけてお祝いをしている様です。
この様にエリアによって大きくルールが異なるので、生まれ育った場所以外の式に参加する時には事前にある程度リサーチしておくと恥をかかなくて済みます。「お祝いの気持ちが大切」なのは前提ですが、マナーを守り気持ち良くお祝いをしましょう。


PAGE TOP