これでOK!絶対ハズさない結婚式のコーディネイト

小物でトレンドを出すとオシャレ度アップ

女性の小物・アクセサリー

インフォーマルやアフタヌーンドレスはシンプルな物が多く、その分アクセサリーや小物で差をつけたいと思う場合はどんな小物を使えば良いのでしょうか。まずNG小物としては花嫁をイメージさせるティアラ、花冠です。そもそも花をモチーフにしたアクセサリーは花嫁とかぶる可能性があるので控えるのがベターです。意外ですが腕時計も時間を気にすると言う意味でマナー違反です。
おすすめの小物はパールやダイヤ、スワロフスキーを使ったシンプル且つ華やかな印象を持つ小物です。特にパールは年齢を選ばないので、上質なものを持っておくと一生涯使用出来ます。
ネイルもOKですが、あまりにも派手過ぎる色だったり、反対に黒やネイビーのみの暗い色だったりするのはNGです。パールやラメを使ったシンプルで清潔感のあるネイルは手元を明るく見せてくれます。

男性の小物・アクセサリー

女性の様に多くの小物を見に付けるワケでは無いですが、少ないからこそ目立ってしまうのが男性の小物です。結婚式ではネクタイが必須で、色は白が基本です。カジュアルな場であればピンクやライトブルーなど明るい色であれば問題無いので、服装に合わせてコーディネイトして下さい。黒いネクタイは不祝儀をイメージさせるので、例え別の色が入っていたとしてもNGです。
胸ポケットにチーフを入れるとより華やかな印象になりますが、ここでも白がベターです。シルバーや薄いピンクなど控えめな色で差をつけるのもオシャレです。
靴は穴の開いたメダリオンや、スニーカーは厳禁です。紐付きでシンプルな革靴がベストで、靴下はくるぶしが見えない様になっている暗いトーンがマナーです。女性同様腕時計は時間を気にすると言う意味があるので、着用するのはNGです。


PAGE TOP