これでOK!絶対ハズさない結婚式のコーディネイト

年々結婚式は減っている?

こんな服装はNG!

結婚式にゲストとして呼ばれると何となく嬉しいですし、新郎新婦を目一杯お祝いしてあげたいと言う気持ちになります。
ここで重要なのは「主役が誰なのか?」と言う点です。当然主役はアナタでは無く新郎新婦ですので、マナーはしっかり守って楽しくお祝いをして下さい。まず白の衣装、そしてファーや革素材を使った衣服はNGです。白は花嫁を表す色ですし、ファーや革などの動物を使った製品は殺生をイメージさせるので縁起が良くないと言われています。但し近年では小物であればOKなどややゆるくなっています。
チャイナドレスやあまりにも短すぎるスカートも下品に見えるのでNGです。どうしてもこれらを着用したい場合は結婚式では無くよりカジュアルな二次会に参加する時が良いです。とは言っても新郎新婦の親族や家族、会社関連の方がいるケースがほとんどなのでおすすめしません。

男女別の服装マナー

女性におすすめの服装と言えばやはりフォーマルなワンピースです。結婚式の時間帯によってもベストな装いが違うので注意して下さい。
昼の挙式はアフタヌーンドレスと言って光沢の無いシンプルなデザインがおすすめです。同様にインフォーマルウェアと言ってややカジュアルな礼服も良いです。きれいめのワンピースやセットアップも含まれるので、リーズナブルに済ませたい方に向いています。
男性はスーツ、またはタキシードで色はダークカラーであれば問題ありません。夜の挙式であれば燕尾服も色気が出るので良いです。
女性が夜の挙式に出る場合はラメやサテンが使われているイブニングドレスや華やかな色をしたカクテルドレスが一般的です。和装も良いですが親族とかぶる可能性もありますし、独身・既婚で着こなしが違うので上級者向けの衣装になります。


PAGE TOP