友人の結婚式で失敗しない洋服選び

これでOK!絶対ハズさない結婚式のコーディネイト

男女別ハズさない服装はコレ!

若者のお酒離れや消費離れという言葉が一般的に浸透してきた様に、若い世代を中心にこれまでは使われてきたサービスが徐々に減りつつある事が分かっています。先の見えない長い不景気に精神的にも疲弊し、所得も数十年前に比べるとかなり低くなった事が分かります。そんな若者の間で、結婚式離れが進んでいるのはご存知でしょうか?
そもそも日本では未婚率も右肩上がりで一生涯未婚を貫く方が4人に1名と言われています。しかし実際の所、結婚をしたくないと言う訳ではない様です。冒頭でも説明した様に所得が低くなるに連れて、バブル期と同じ様なお祝いが出来なくなっただけでパートナーがいれば結婚を視野に入れていますし、ささやかながら挙式を挙げたいと考えている方がほとんどです。その証拠に小規模の結婚式や、身内だけを呼ぶ家族婚、写真を取ってお祝いするフォト婚など多くのジャンルが輩出されています。
そんな時代と共に形を変えつつある結婚式ですが、ゲストとして呼ばれた時はどう振る舞えば良いのでしょうか?以前はタブーだったけれど、近年では許容されているマナーもありますしその逆も然り。
ここでは友人の結婚式に招待された時に失敗しない服装に関するマナーを紹介しています。男女別に説明しているので、これから結婚式に参加する方は必見の情報です。マナーは守るのはもちろんですが、出来る限りオシャレに着飾りたいと言うよくばりにも答えているので、参考にしてみて下さい。

年々結婚式は減っている?

友人の結婚式は、自分達だけでは無く友人の会社の方や親族など多くの方が出席しています。 そんな中で失礼にならない服装をするにはどうコーディネイトすれば良いのでしょうか?NG服装、おすすめ服装に分けて紹介しているので、結婚式に参加する方は必見です。

小物でトレンドを出すとオシャレ度アップ

服装はシンプルでも小物で差を出せばオシャレ度が一気にアップします。しかし結婚式でもこのワザを使っても問題は無いでしょうか? NGな小物や柄があるのか、2次会へ行く際の注意点にも触れています。2次会はややカジュアルですが、お祝いの席と言う事に変わりはありません。

服装と一緒にマナーを守ろう

いくら服装がキレイであっても、マナーがなっていないと世間知らずと言われてしまいます。結婚式はエリアや宗派によってはルールやマナーが違うので難しいものです。 いくつかのルールやマナーを紹介していますので、出席される方は念頭に置いておくと良いでしょう。

PAGE TOP